テラスビュー・こかげ全景

カナダはカウンセリング先進国

カナダはカウンセリング先進国アイキャッチ

カナダはカウンセリング先進国

カナダには色々な人種や文化が存在しており、多文化な国であるため『個人』が尊重される国であるといえます。
そのため、日本では想像できないような、様々な人種的・文化的な問題があり、カウンセラーという役目は非常に重要なものと認識されているのです。

カナダ公認カウンセラーとは

カナダ公認カウンセラー(CCC)は、カナダカウンセリング・心理療法協会が定めるカウンセリング専門職の称号で、様々な文化にも対応できる『多文化間カウンセリング』の専門家でもあります。
※CCC:Canadian Certified Counsellor

資格取得について

カナダの心理職には、
・心理検査やリサーチの専門家
・心理カウンセリングの専門家
上記の2つがあり、それぞれが大学院での専門教育を受け、各協会が規定するトレーニング内容と時間数を満たし、且つ、倫理規定に沿い実践できる者に与えられます。
 

卒業証書

カナダの文化

欧米、アジア、中東、南米など、世界各国から様々な人種が集まる”移民の国”のため、習慣、価値観、宗教、家族観、生活観など、多様性に配慮したカウンセリング技術が必要になります。

言語

英語とフランス語が公用語の国ですが、相談者によって、第二言語による相談の場合も多く、言葉のニュアンスを注意深く捉えるスキルが必要とされます。

カウンセラー育成環境

カナダでは、より『身近に心のケア』が出来るよう環境が整備されています。
日本ではまだ根付いていない、『病気を予防する』健康維持のためのカウンセリングがあり、企業や学校など様々な機関で行われています。
また「カウンセラーは大学院を出た段階で一人前」という風土があるため、その育成環境は非常に厳しく、充実したものとなっています。(大学院を出た時点で、スーパーバイザーとなり、ピア・スーパービジョン等を行うことができます。)
 

卒業式